FX | 初心者の為のFXガイド

初心者のためのFX

初心者のためのFX

「FX」は、1998年に誕生した個人投資家向けの外国為替取引です。

外貨資産の効果的な運用法として、関心を持っている方はもちろん、すでに始めている方も増えています。

FX(外為証拠金取引)とは、「外為取引」と「証拠金取引」がひとつになった取引で、「外為取引」とは、2カ国間の通貨を交換する外貨投資の事です。

資産運用と聞くと、まず思い浮かぶのは株取引ではないでしょうか?

この株式とFXとを比較する際に、一番大きな違いは値動きです。

元々為替というものは値動きが小さく、基本的にはFXは株式よりもローリスクで行うことができるものなのです。

またFXは、「買い」からでも「売り」からでも、どちらからでも取引が始められます。

株でいう信用売りと同じようなイメージですが、売りから入る取引形態の場合、買いとは逆で「高く売って、安く買う」のがポイントです。

価格が下がると利益が出るのです。

相場の状況に応じて「買い」か「売り」を選択できるため、FXはいかなる為替相場でも利益を得られるメリットがあります。

価格が上がった場合しか利益が出ない他の外貨商品と比べると、とても有利な商品といえるでしょう。

その他に、FXは外貨交換の際の手数料が他の外貨商品と比べ非常に定額というのもメリットです。

たとえば、円をドルに交換する場合、1ドル当りの往復手数料は外貨MMFでは1円、外貨預金では2円です。

それがFXでは、これが20銭になり、会社によっては無料の場合もあります。

さらに、為替差益以外に、スワップポイントという利息を毎日受け取る事ができます。

複利で運用する事も可能なうえ、他の外貨商品よりも高いのです。

スワップポイントの利益だけで旅行に行った!そんな人もいるようです。

資源の大部分を輸入に頼っているわが国では、為替によって受ける影響は多大です。

それゆえに、外貨投資は資産の分散において有効な手段でしょう。

もはや、それが常識となり、外貨の資産を持つことはリスクヘッジになるでしょう。